• 文字サイズ
  • 大
  • 中
  • 小

北九州市の介護保険制度とは

わたしたちの国では、急速な高齢化とともに介護の問題が老後の最大の不安要因となっています。 介護保険制度は、介護を国民みんなで支え、利用者の希望を尊重したさまざまな介護サービスを利用できる仕組みです。

北九州市中間市遠賀郡直方市鞍手郡介護保険は西ケアにご相談ください。

介護保険制度の概要

保険者は市町村です。40歳以上の方が被保険者となって保険料を負担し、介護が必要となったときに要介護認定を受けて、さまざまな介護サービスを利用できるようになります。
サービスの内容と利用限度額は、認定された要介護度、要支援度によって異なりますが、利用料金の1割がサービス利用者の自己負担になります。

サービス利用者と保険料

対象者 第1号被保険者
(65歳以上の人)
第2号被保険者
(40〜64歳以下の医療保険に加入している人)
サービスを
利用できる人
①寝たきりや認知症などで、常に介護が必要 (要介護状態)な人
②常時の介護は必要ないが、家事や身支度等、日常生活に支援が必要(要支援・要介護状態)な人
初老期認知症、脳血管疾患などの老化が原因とされる16種類の特定疾患により要介護状態となった人
保険料と
支払い方法
所得段階に応じて市町村が保険料を設定。 半額は国及び県市町村が負担。
【支払い方法】 原則として老齢・遺族・障害・退職年金から天引き。
加入している医療保険の算定に基づいて保険料を設定。半額は事業主または国が負担。
【支払い方法】
加入している医療保険の納付金に上乗せして一括徴収。

介護保険サービス認定申請の流れ

  • 要介護(要支援)の認定の申請
  • 介護保険サービスを利用するためには申請が必要です。
    まずは下記にご相談ください。

    • ・居宅介護支援事業所
    • ・区役所健康福祉課
    • ・地域包括支援センター 等
  • 介護認定の調査
  • 市から委託を受けた調査員が

    • 1.ご自宅や入院先を訪問し、心身状態の聴き取り調査を行います。
    • 2.主治医に傷病や心身の状況、介護に関する意見を求めます。
  • 一次判定
  • 全国一律のコンピュータにより判定を行います。

介護保険サービス認定申請の流れ

  • サービスの利用
  • 各種介護保険サービスを利用します。

  • 判定結果の通知
  • 原則として申請から30日以内に、申請者本人へ判定結果を文書で通知します。
    「要支援1、2」または「要介護1~5」で判定されます。
    介護が必要でないと判断されると「非該当(自立)」と判定されます。

  • 介護認定審査会(二次判定)
  • 保健、医療、福祉の専門家が集まって、どの程度の介護が必要か審査し、最終的な判定を行います。

介護保険サービス認定申請の流れ

ケアプラン申請から介護サービスを受けるまで

ケアプラン申請から介護サービスを受けるまで

要介護認定

介護保険制度では、寝たきりや痴呆等で常時介護を必要とする状態(要介護状態)になった場合や、家事や身支度等の日常生活に支援が必要になった状態(要支援状態)になった場合に、介護サービスを受けることができます。
この要介護状態や要支援状態にあるかどうか、要介護状態にあるとすればどの程度かの判定を行うのが要介護認定であり、保険者である市町村に設置される介護認定審査会で判定されます。
要介護認定は介護サービスの給付額に結びつくことから、その基準については全国一律に客観的に定めます。

居宅介護支援業者(ケアプラン作成事業者)

居宅介護支援事業者とは介護保険制度によって設立されたもので、ケアマネジメント(居宅介護支援)を実施する事業者のことを言います。

状態の把握(在宅での面接)

訪問調査は市町村の職員やケアマネージャーなどが直接お年寄りを訪ねて面接調査を行い、この時、職員は気づいたことを特記事項として調査票に記入します。

計画の原案の作成

介護支援専門員(ケアマネジャー)によって居宅サービス計画の原案の作成されます。

サービス担当者との連絡・調整

ケアマネジャーは、利用者ご本人の生活機能の維持・回復の観点から、ご希望と違う提案をすることがあるかもしれません。 楽だからという理由で必要性の乏しいサービスを利用したり、自立支援のために必要なサービスであっても利用の仕方によっては、心身の状況を悪化させてしまうこともあります。 自立した生活への復帰や要介護状態の悪化の予防に役立つかどうか、ご家族を含めて十分に話し合い、ケアプランを作ることが大切です。

介護サービス計画の作成

サービスをどのように組み合わせて利用するかは、利用者の生活スタイルにかかわる重要なポイントとなります。

利用者の同意

重要事項説明書を受け取り、十分に説明を受けて、同意することが必要です。

1割の負担でサービス利用

介護保険では、原則として、かかった費用の1割を負担すれば介護サービスを利用できます。

支給限度額について

  支給限度額



要介護1
  • 身の回りの世話に何らかの介助が必要
  • 複雑な動作や移動の動作に何らかの支えが必要
  • 問題行動や理解の低下がみられることがある。
165,800円
要介護2
  • 身の回りの世話の全般に何らかの介助が必要
  • 複雑な動作や移動の動作に何らかの支えが必要
  • 排せつや食事に何らかの介助が必要
  • 問題行動や理解の低下がみられることがある
194,800円
要介護3
  • 身の回りの世話が一人でできない
  • 複雑な動作や移動の動作が自分ひとりでできない
  • 排せつが自分ひとりでできない
  • いくつかの問題行動や理解の低下がみられる
267,500円
要介護4
  • 身の回りの世話がほとんどできない
  • 複雑な動作や移動の動作がほとんどできない
  • 排せつがほとんどできない
  • 多くの問題行動や全般的な理解の低下がみられる
306,000円
要介護5
  • 身の回りの世話がほとんどできない
  • 複雑な動作や移動の動作がほとんどできない
  • 食事や排せつがほとんどできない
  • 多くの問題行動や全般的な理解の低下がみられる
358,300円
  支給限度額




要支援1
  • 身の回りの世話の一部に何らかの介助が必要
  • 複雑な動作に何らかの支えが必要
  • 排せつや食事はほとんど自分ひとりでできる
49,700円
要支援2
  • 身の回りの世話に何らかの介助が必要
  • 複雑な動作や移動の動作に何らかの支えが必要
  • 問題行動や理解の低下がみられることがある
104,000円

介護保険の全体の流れ

介護保険サービス

介護保険についてのご質問


ページ上へ

Copyright © 北九州の福祉用具販売は西ケア北九州の福祉用具販売は西ケア ALL RIGHTS RESERVED